読売新聞社の採用情報

新聞社TOP >> 人気の新聞社の採用情報 >> 読売新聞社の採用情報

読売新聞社の採用情報

読売新聞社では新卒と社会人の採用を行っていて、募集職種や採用の時期もそれぞれ異っています。新卒の場合は編集記者職が取材記者・地域報道記者・写真記者・校閲記者で、業務職は経営管理・広告・販売戦略・事業を担当し技術は総合職での募集です。勤務地は取材記者の場合は原則として初任地は、採用された本社管内の道府県庁所在地にある支社や支局になります。 取材記者以外の職種の場合は、採用された本社での勤務となります。勤務時間は職種によっても異なりますが事務職の場合は9:30〜17:30で、その他の職種も1日8時間の実働7時間が原則です。

休日は月4日以上で年間の休日数は106日で、休暇は有給休暇が初年度は15日間で最高で30日間あります。他には年末年始休暇や夏季休暇および、慶弔休暇や産前産後や永年勤続などの特別有給休暇があります。給与は2013年度の実績ですが大卒の初任給で東京本社の場合が月給25万9000円以上で、大阪本社の場合が月給25万7000円以上で西部本社の場合が月給24万4000円以上でした。昇給は年1回でボーナスは夏と冬の年2回支給され、社会保険は雇用保険・労災保険・健康保険・厚生保険が完備されています。

読売新聞社は本社別で職種別の採用が特徴で、募集する職種も本社ごとに異なりますが勤務地限定の採用もあります。新卒・既卒・学部・学科に関係なく応募が可能で春季の採用試験の筆記試験は例年、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の6つの会場で行われます。読売新聞は地域によって東京本社・大阪本社・西部本社の3本社に分かれていて、各本社で募集職種が異なっているので詳細は読売新聞社のホームページを参照して下さい。またパソコンを使ってイラスト・タイトル・カット・地図・グラフ作成などを行う嘱託デザイナーや、記者経験のある取材記者など社会人の採用を行っています。

例えば社会人採用の取材記者の応募資格は新聞社・テレビ局・出版社などで、少なくとも3年程度以上の取材記者経験があることです。採用された場合の初任地は入社した本社管内に勤務し、地域での取材や記事の執筆などを行います。その後は本社編集局の社会部など、取材部門に配属される場合もあります。もし読売新聞社の採用情報に興味がある方はこのサイトに掲載されている、マイナビエージェントなど上位の転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者が読売新聞社の採用情報だけでなく、社風から採用基準まで詳しく教えてくれます

新聞社の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 新聞社求人ナビ【※新聞業界への転職成功の為に】 All Rights Reserved.