新聞社求人ナビ【※新聞業界への転職成功の為に】

新聞社への転職はどうればいい?

webやデジタルコンテンツが情報媒体として一般的になり、新聞や雑誌などの紙媒体は縮小されていっていますが、新聞は固定客が多くまだまだ一定の規模を維持しています。今後も独自のメディアとして確率されていく傾向にあると言えます。

新聞社への転職をお考えなら、転職サイトの利用が断然有利です。リクルートエージェントなら求人数も豊富で条件交渉もコンサルタントが代行してくれます。

新聞社の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細

大手の転職エージェントといえばやはりリクルートでしょう。求人数が多いからこそ新聞社の募集も見つかりやすいです。大手の新聞社では大手のエージェントとしか取引がないところもあり、まずはリクルートからでしょう。




マイナビエージェント 無料 全国 詳細

リクルートに次ぐ大手といえばマイナビエージェントでしょう。マイナビはマスメディアでの広告へも積極的で知名度は転職者からも企業からも非常に高いです。併用するなら第二候補のサイトはマイナビエージェントでしょう。




type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細

typeは「女性の転職@type」などカテゴリ分けした展開をしていて人気を高めています。知名度としては上位2サイトにはやや劣りますが利用者からの評価は上々で十分に推奨できるサービスです。





DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細

DODAも大手エージェントの一角です。サイト内検索で新聞関係を見てみてもヒットしますので十分に登録の価値はあるでしょう。社名がインテリジェンスからパーソルキャリアへ変更になり新しくリニューアルしています。




キャリコネ 無料 全国 詳細

キャリコネはサイトのコンテンツが独特で企業ごとの口コミが掲載されています。具体的にどの新聞社にいきたいか決まっている場合はここに登録してみるのも1つでしょう。




新聞社の求人探しの方法は?

新聞社の求人探しですが記者も取材記者だけでなく写真や映像記者に、取材記者の記事を整理したり校閲を行う記者などさまざまの募集があります。その他にも多くの新聞社の収益源である購読料や広告の営業を行う職種や、企画やイベントを行ったりする仕事の求人もあります。さらに殆どの新聞社では新聞社の購読者が減少しているために、インターネットを通じてのデジタルニュースを配信する電子版にも力を入れています。そのためデジタル部門ではアプリケーションの開発を行ったりする、社内SEの求人も積極的に行っています。

新聞社を取り巻く環境は決して楽観できるものではなく、日本の新聞の発行部数はこの10年間で約600万部も減少しています。新聞の発行部数は新聞社の経営状態を示す大きなデータですが、購読者の減少の背景には若者の活字離れとインターネットの出現があり、これまでの新聞の購買者も高齢化で文字が読めなくなり、新聞の購読を止める高齢者が増えています。そのため日本の新聞社もアメリカと同様にリストラを行ったり、日本独自の戸配制度や販売店の見直しを始めています。

アメリカも日本と同様でニューヨークタイムズとワシントンポストと言えば共に歴史もあり名門の新聞社ですが、2012年12月12日にニューヨークタイムズが編集局の幹部社員を30名もリストラすることが報道され衝撃を呼びました。ニューヨークタイムズは読者離れから2007年に新築した本社ビルを、2009年3月には売却するなど経営再建を行ってきました。これまでも編集部の社員の給料を5%減らすなど行ってきましたがそれでも経営悪化は改善されず、2009年には全従業員の8%に当たる100名のリストラを明らかにしました。

ただ日本の各新聞社の2013年3月期の決算を見ると朝日新聞の場合は売上高が約4700億円で、経常利益もおよそ173億円あり経常利益率も約3.6%で決して赤字ではありません。ただかつては朝日新聞と売上げを争っていた毎日新聞の売上高は約2400億円で、経常利益も朝日新聞と比べると7分の一のおよそ122億円しかありません。読売新聞社の売上高はおよそ4300億円で、朝日新聞に次いで多かったのですが経常利益に関しては公表していません。

このように紙媒体の新聞社の経営が赤字のような印象が強いのですが、現実は異なり朝日新聞や経常利益がおよそ175億円の日本経済新聞などは健全な経営を行っています。他の新聞社も以前と比べると経営状態は、苦しい状況ですが赤字ではありません。各聞社の求人ですがこのサイトに掲載されているリクルートエージェントなど、上位の転職エージェントには数多くの求人が掲載されています。新聞社への転職に興味がある方はこのサイトの、転職エージェントに登録されることをお勧めします。

新聞社に強い転職サイトは?

新聞社への転職を検討しているのであれば、転職サイトを使って求人情報の収集を行うことが第一です。転職サイトはいろいろとありますが、新聞社に特化して情報掲載しているサイトはないようです。そこで幅広い業種の求人情報を掲載している転職サイトを中心に利用するところを探しましょう。

転職サイトの中でも掲載数の多い大手のサイトはやはりはずせません。掲載数が多いということは、それだけいろいろな企業と太いパイプを持っていることの証明です。自分が転職サイトをチェックした時点ではめぼしい案件がなかったとしても、今後自分が興味を持てそうな新聞社の募集の出る可能性も十分期待できるからです。ちなみに企業が転職サイトに求人情報を掲載するにあたって、掲載料を転職サイトに支払います。多くの求人情報が掲載されているということは、それだけ掲載する価値のあるサイトと企業も認識していることの裏返しとも解釈できます。

新聞社の採用情報を見てみると、基本的には本社で一括採用するものが多いです。しかし新聞社によっては、支局で欠員が出たので急きょ経験者を募集するといったこともあります。そこでどの地方の支局で募集が出てもいいように、日本全国の求人に対応した転職サイトは登録しておいた方がいいでしょう。

転職サイトを見てみると、求人情報が掲載されているだけでなく、転職のいろはについて詳しくコンテンツを用意しているサイトも見られます。たとえば職務経歴書や履歴書の書き方などをレクチャーしてくれるページを掲載している転職サイトも見られます。転職初心者の方は、このような転職にまつわるコンテンツの充実しているサイトに登録したほうが、新聞社への転職の戦略を練るにあたって参考になる情報が盛りだくさんあります。そのほかにはレイアウトなど、見やすい転職サイトを利用することも重要なポイントです。転職サイトの中にはシンプルなレイアウトに重点を置いているようなサイトも見られます。

求人情報が数多く掲載されていて、その中から新聞社の情報をピックアップするためには検索機能もチェックしておきましょう。転職サイトによっては、新聞社で検索しても全く関係ない求人情報がヒットしてしまうケースも見られます。一度新聞社などのキーワードで検索してみて、ほしい求人情報がすぐに出てくるかどうか確認してみるといいでしょう。転職サイトは無料登録できるものがほとんどなので、複数のサイトに登録して実際に利用してみて、自分にとって使いやすいサイトを見つけるのもおすすめです。


Copyright (C) 2014-2018 新聞社求人ナビ【※新聞業界への転職成功の為に】 All Rights Reserved.